グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 挨拶集 > 2015年度 > 平成27年度秋期入学式学長挨拶

挨拶集


平成27年度秋期入学式学長挨拶


9月16日
本日ここに、平成27年度秋期入学式を挙行するにあたり心よりお祝いを申し上げます。

千葉工業大学は、我が国最古の私立工業大学です。昭和17年に旧制大学として創立以来、73年以上の歴史を誇っています。そして千葉工業大学は昭和40年に大学院を設置しました。その後40年間にわたり、千葉工業大学は高いレベルの大学院教育を提供してきました。そして多くの卒業生が日本中、世界中でリーダーとして活躍しています。

大学の門をくぐった今日から、皆さんも千葉工業大学の世界文化に技術で貢献するという建学の精神とその継承の歴史を担うことになります。その誇りと責任を胸に刻んで悔いのない大学生活を送られることを願っています。

是非、これからの学生生活において、皆さんが自己の可能性を最大限に引き出し、新しい時代と新しい課題に向けて果敢にチャレンジされることを心から期待して私の挨拶と致します。

千葉工業大学御入学、おめでとうございます。

Today, on the occasion of the 2015 autumn entrance ceremony, I offer you heartfelt congratulations.
The Chiba Institute of Technology (CIT) is Japan’s oldest private technical university, boasting more than seventy-three years of history. And CIT established a graduate school in 1975.
CIT’s graduate school, over the past four decades, has earned its own place by providing the high quality of education for students, and many of whom hold leadership roles in Japan and around the world after obtaining a doctoral or master degree. When you pass through the university main gate today it will be your turn to carry on in the tradition of CIT’s philosophy and inherited history.
I hope that you can make the most of your individual possibilities from university life, and boldly take on the new challenges.
Congratulations on your admission into CIT.
TOP