グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



電気電子工学科


ホーム >  学部・大学院 >  工学部 >  電気電子工学科

電気電子工学科-Department of Electrical and Electronic Engineering

電気と電子、二つの技術を活用し、生活に不可欠な電気の利便性向上や効率的な仕組みを追究します。
POINT 1
社会の“当たり前”を担う
電気・電子インフラの基礎を学びます。
POINT 2
世の中を便利・快適にする
技術や発想力を養います。
POINT 3
環境問題や省エネルギーなどの
知見を持った技術職を育成します。
  • 学科の特徴
  • 学びのポイント
  • カリキュラム
  • 進路・資格
  • 学科サイト

学科の特色

電気を「つくる」「送る」仕組みを理解し、世の中を便利にする技術を学びます。

私達の身の周りには電気によって機能する数多くの製品や機械が存在します。その仕組みを理解し、さらに利便性が高まるよう発展させるための知識や技術を学ぶのが本学科です。具体的なテーマとして挙げられるのが、電気エネルギーを「つくる」「送る」という技術や、家電製品などをより便利・快適にするための材料やデバイスの開発、そしてそれらを制御・計測するための技術です。日本の産業界において、電気電子制御技術が求められる領域はまだまだ広がっていく可能性を秘めています。さらに本学科は伝統的に多様な企業に卒業生を輩出しているので、就職に強いことも特徴的です。

ディプロマ・ポリシー
電気電子工学科では,以下の教育目標に到達した人材に学士(工学)の学位を授与する。
(1) 自然,社会,文化などに対する幅広い教養を身に付け,電気電子工学分野の社会や環境に対する影響について,倫理観をもって判断できる。
(2) 自然科学の数学,物理学などの基礎知識と実験技術を修得し,問題に適用することができる。
(3) 電気電子工学分野に関する一般的な基礎知識に加え,専門知識を身に付け,活用することができる。
(4) 電気電子工学に関する実験を遂行でき,得られた実験データを解析して考察したうえで,論理的に説明することができる。また,自分自身の考えや意見を明確に表現でき,他の人と相互に理解することができ,協調して問題解決に取り組むことができる。
(5) 電気電子工学分野の国際的動向や社会的意義に関心をもち,関連する新たな創造や課題解決などに向けて主体的に取り組むことができる。
カリキュラム・ポリシー
電気電子工学科では,ディプロマ・ポリシーに定めた能力を持つ人材を育成するために以下の方針に基づいてカリキュラムを編成している。
(1) 千葉工業大学工学部のカリキュラム・ポリシーのもと,「コミュニケーションスキル」「人間力養成」「国際理解」「人間・社会・自然の理解」など諸分野の全学共通教養科目群を通じて,国際社会の一技術者として必要な教養を身につける。
(2) 専門基礎科目では主に数学、物理、化学などの科目によって構成されており、電気電子工学を学修するために必要とした自然科学の基礎知識と実験技術をを身につける。なお、ほとんどの専門基礎科目は必修としている。
(3) 専門基幹科目である電気磁気学や電気回路,電子回路,電子物性・デバイスなどのほぼ必修である科目群では電気電子工学分野共通の専門基礎知識を身につける。また専門展開科目では電気エネルギーの発送配変電、電気機器、計測・制御、音響・光学、信号処理など幅広い電気電子工学分野の専門課題を理解する。
(4) 「電気電子工学実験1,2,3」では,各実験項目に関連する専門知識の理解を深め,さらに実験計画・遂行・まとめ・考察に関する能力ならびにグループ作業に必要なコミュニケーション能力とチームワーク力を養う。
(5) 必修科目である「ゼミナール1,2」や「卒業研究」では,これまで学んだ知識を総合的に活用し,国際的な視点から電気電子工学の専門課題の発掘,解決手法の提案・計画・遂行ならびに自らの思考プロセスを論理的に説明するなど電気電子工学に関する総合的なエンジニアリング・デザイン能力を身につける。


学びのポイント

1年次

まずは電気電子工学の基礎知識をしっかりと身につけます。
電気回路や電磁気学など、電気電子工学の基礎を学びます。また近年の技術者に求められる、専門技術をわかりやすく伝えるコミュニケーション力や、倫理、社会、技術など多面的にものづくりを考える視点も修得。キャリアデザインや英語、一般教養なども学びます。

2年次

基礎を固めてから実験を通して技能を磨きます。
「電気回路及び演習」「電気磁気学及び演習」などの科目は、講義と演習双方による構成とし、専門基幹科目の確固たる知識が身につくように考慮されています。専門科目の基礎実験にも取り組み、手順や正確な計測の手法といった技能も身につけます。

3年次

研究室を選択し、各自が興味を持ったテーマを追究します。
3年次後期から研究室に所属し、自らの研究を進めながら、電気・電子の分野から、卒業研究の対象を決めていきます。研究を進める上では、英語の論文や文献を読む力が求められますので、「文献輪読」の科目などを通して技術英語の読解力を高めていきます。

4年次

独自の視点を磨き、卒業論文の完成をめざします。
4年間培った知識に、自分なりの視点を加えながら卒業論文を進めます。電気電子工学の制御技術に寄せられる期待値が高まる中で求められるのは、既存の発想にとらわれない姿勢です。社会や企業の問題を具体的にイメージしながら、研究課題を見つけていきましょう。

カリキュラム

画像クリックで拡大表示します

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


活躍できる業界・職種

  • 家電メーカー・重電機器メーカー・自動車メーカーの技術者
  • 電気電子関連技術の研究開発者
  • 電力関係会社の技術者
  • 電子電気機器・電気自動車の技術者
  • 電気電子部品メーカーの技術者
  • 設備運用・保守管理企業のシステム技術者
  • 商社の技術営業
  • 高等学校教員 他

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • 電気工事士(卒業後申請)
  • 第1種電気主任技術者(要:卒業後の実務経験)

TOP