グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



先端材料工学科


ホーム >  学部・大学院 >  工学部 >  先端材料工学科

先端材料工学科-Department of Advanced Materials Science and Engineering

ものづくりの基盤となる材料を多角的に研究し、材料のさらなる可能性を提案できる技術者を育成します。
POINT 1
材料の性質、製法、
活用法を熟知したエキスパートを育成します。
POINT 2
自動車やスマートフォンを
進化させる材料開発をめざします。
POINT 3
循環型社会の実現に
貢献できる材料工学を追究します。
  • 学科の特徴
  • 学びのポイント
  • カリキュラム
  • 進路・資格
  • 学科サイト

学科の特色

「Made in Japan」の品質を支えるのは、高品質・高性能な材料です。

東京都心に屹立した東京タワーを高さで大きく上回る東京スカイツリーの誕生は、鋼材の品質向上を抜きにしては語れません。同様に、高性能な自動車エンジンも、記憶容量の多いハードディスクも、材料の進歩があったからこそ、できたこと。このように日本の優れたものづくりの多くが、材料工学の存在に支えられているのです。本学科で学ぶのは、そうした材料のさらなる進化と活用法。幅広い知識を修得するだけでなく、実験・実習を通して実践力も養成。近年その重要性が高まっている、限りある資源の有効利用に欠かせない循環型ものづくりにも対応できる、材料系のエンジニアの育成もめざしています。

ディプロマ・ポリシー
先端材料工学科では,大学の建学の精神「世界文化に技術で貢献する」の下で,材料開発と循環型ものづくりの技術で社会に貢献できる人材の育成を目的としている。そのため,材料工学を中心とした下記の能力を獲得と,カルキュラム上で定める所定の単位を取得した人材に学士(工学)の学位を授与する。
(1) 社会的・技術的な教養を有し,自らの思考・判断のプロセスを説明して伝達するためのコミュニケーション及びプレゼンテーションをすることができる。
(2) 自然科学の基礎学力に裏付けされた材料工学分野での専門基礎知識と基礎技術を説明できる。
(3) 専門的な観点から材料の設計・開発または材料製造・リサイクルに関して,継続的に問題解決と共同作業を実行できる。
(4) 専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解できる。
カリキュラム・ポリシー
先端材料工学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を有する人材を育成するために,下記の方針に基づいてカリキュラムを編成している。
(1) 基礎的な社会的教養と,コミュニケーション及びプレゼンテーション能力の育成は,主に教養科目の修得により達成される。教養科目に開講されるコミュニケーションスキル,課題研究セミナー,国際・国内インターン及びボランティア等の科目により修得する。また,専門的なプレゼンテーション能力については,卒業論文等において育成される。
(2) 自然科学の基礎学力は,数学,物理学,化学および物理学実験や化学実験等の専門基礎科目と専門基幹科目の修得により達成される。また,材料工学の基礎学力は,2科目の演習科目を含む専門基幹科目の修得により達成される。この専門基幹科目は,14科目中13科目が必修科目からなり,材料工学の基礎学力を確実に育成される。
(3) 専門展開科目では,材料設計・開発技術に関する選択科目群と,材料製造・リサイクル技術に関する選択科目群及び,材料工学実験,ゼミナール,卒業論文等の必修科目が配置されている。専門展開科目では,材料設計・開発技術分野科目群または材料製造技術分野科目群のいずれかを選択し,より深い専門知識を高める。さらに,卒業論文等の必修科目を通して,共同作業の遂行と継続的な問題開発能力を育成する。
(4) 技術者倫理及び社会的責任については,様々な科目でも話題にするが,主に専門展開科目の技術者倫理により修得する。


学びのポイント

1年次

材料工学の専門知識を身につけるための土台づくりに励みます。
材料工学は、広範な知識の上に成り立っている分野です。その基盤となる数学、物理、化学の基本を集中的に学び、2年次以降の高度な学修に備えます。もちろん材料工学の基礎を学ぶ科目を通して、材料が社会でどのように扱われているかなどの基礎知識を身につけます。

2年次

1年次の基礎をもとに材料全般の知識を深く学びます。
専門科目で既存の金属材料のつくり方や新規材料の開発プロセスなどを学修。後期から始まる演習では、原料を溶解・成形させる過程を通し、知識を実践的なものとします。また「リサイクル概論」では、循環型社会に求められる材料リサイクルの現状と手法を学びます。

3年次

実験を繰り返し、ものづくりの楽しさを体感します。
2年次の知識をベースに、材料に関する理解をさらに深めます。先端材料を扱う機会も増え、多様な材料に触れ、加工し、分析してその品質を評価することで学びを深めると同時にものづくりの楽しさを味わいます。後期は研究室に配属され、各自のテーマに取り組みます。

4年次

卒業論文で学びのプロセスを身につけます。
研究室で追究するテーマをさらに進化させる卒業研究に取り組みます。論文にまとめ、発表する過程で、技術者に不可欠な、人に伝える技術を修得していきます。また学んだ材料の知識・技術をどのように応用するか、グループワークなどで議論していきます。

カリキュラム

画像クリックで拡大表示します

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


活躍できる業界・職種

  • 材料メーカーの技術者
  • 自動車メーカーの技術者
  • 航空機関連メーカーの技術者
  • 鉄道関連メーカーの技術者
  • 家電メーカーの技術者
  • 建設機械・建材メーカーの技術者
  • 半導体メーカーの技術者
  • エネルギー関連のプロジェクト開発技術者
  • 専門性を備えた教員
  • 研究者 他

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)
  • エネルギー管理士※
  • 危険物取扱者※
  • 特定化学物質作業主任者※
  • 毒物劇物取扱責任者※

※印は受験資格

TOP