ハイブリッドロケットとは、液体の酸化剤と固体の燃料を組み合わせて推進剤とするハイブリッドエンジンを使うロケットで、火薬等を使いません。比較的安全性が高く、大きな推力を得られることから、大学等におけるロケット実験にも多く使用されています。 打上げは迫力があり、数100mもの高度に達します。その分、危険も伴いますが、安全確保については企画運営側が徹底した管理を行い、また、その安全に対する意識も高校生に学んでもらいます。
燃焼が始まると、熱によって固体燃料の表面部分が気化し、液体酸化剤と混合して燃焼が続くしくみになっている。 ハイブリッドエンジンの燃焼試験の様子
ハイブリッドロケットとは
【お問い合わせ先】千葉工業大学 入試広報課 TEL:047-478-0222 e-mail:cit@it-chiba.ac.jp