グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上- 島根県の宍道湖でネオニコチノイド使用開始と同時にウナギ漁獲量が激減 -


ホーム >  Topics/お知らせ >  ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上- 島根県の宍道湖でネオニコチノイド使用開始と同時にウナギ漁獲量が激減 -

ポイント

  • 島根県宍道湖におけるウナギやワカサギの漁獲量激減の原因を調査
  • 水田から流出するネオニコチノイド系殺虫剤が川や湖の生態系に与える影響を世界で初めて検証
  • 淡水と海水が混合した汽水域での毒性物質の影響評価の重要性を指摘

概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)地質情報研究部門【研究部門長 田中 裕一郎】山室 真澄 特定フェロー(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)と、東京大学、島根県保健環境科学研究所、名古屋市環境科学調査センター、千葉工業大学は、島根県の宍道湖を対象とした調査により、水田などで利用されるネオニコチノイド系殺虫剤が、ウナギやワカサギの餌となる生物を殺傷することで、間接的にウナギやワカサギを激減させていた可能性を指摘した。
 ネオニコチノイド系殺虫剤はミツバチの大量失踪を招いた可能性が報告されており、欧米では規制を強化する傾向にあるが、漁業に与える影響については世界的に未解明であった。農地の大部分を占める主食は、欧米では小麦であるが、日本では米である。ネオニコチノイド系殺虫剤は水溶性なので、水田で使用されると流出して、河川や湖沼の環境に影響を与える可能性を指摘した。
この成果の詳細は、2019年11月1日(米国東部夏時間)にScience誌に掲載される。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

TOP