グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学生サポートセンター


ホーム >  学生サポートセンター

学生サポートセンター

学生サポートセンターでは、理工系科目を学ぶ上で欠かせない数学・物理・化学・英語の基礎学力をサポートするため、専門講師がいつでも皆さんをお待ちしています。高校のレベルの基礎学力を補いたい、授業でわからなかったことを質問したい、さらなる学力アップをめざしたい、そんな一人ひとりのニーズに合わせて、丁寧に個別指導を行います。
身近で頼れる学内塾として、学生サポートセンターをぜひ有効に活用してください。
場所 新習志野キャンパス 10号館1階
開設日時 月曜日~金曜日:10時00分~18時00分
学生サポートセンターが利用できる時間帯は、自習スペースで勉強することができ、勉強してわからないことがあればすぐに質問することができます。

学生サポーター制度(SA)

 本学では下級生対象に新習志野キャンパスに学生サポーター(SA)を設置しています。
 上級生が履修の仕方や学修方法など、キャンパスライフに関わる様々な事に相談に応じてくれます。身近な先輩達が体験談を交えアドバイスをしてくれます。
 またSA企画のイベントもあります。
 是非、気軽に利用してください。
場所(背景色) 新習志野キャンパス10号館1階
開催日時 月曜日~金曜日(長期休暇中を除く):13時00分~18:00分

ページ内目次


数学

習ってきた数学の科目数は人によって違う?
高校で学習してきた数学の内容や量は皆さん一人一人で意外と違っています。それは今や珍しいことではありません。しかしながら工業大学で学習する際には高校内容とされている数学が予備知識として必要になります。数学の科目の中でこれまでに皆さんが受けてこなかったものが有ればすぐにでも学生サポートセンターに相談しに来てください。いちから指導します!学習したはずだけども忘れてしまった内容の確認に使ってくれてもOKです。また、数学の学習をするに当たり個別指導が性に合っているという人もいるでしょう。更にそれ以外の利用理由でも全く構いません。数学に関し質問したいことや相談したいことが有ればいつでも学生サポートセンターへ!

物理

「力の作図」、きちんとできていますか?
物理は積み重ねの学問です。従って、高校までの基礎がしっかり固まっていないと、大学で学習成果を十分に挙げることができません。例えば「力の作図」。これは、物理における最も基本的な表現手段なので、確実に身に付けておく必要があります。また、大学の物理では、同じことでも高校とは違った表現方法をとるため、戸惑う学生が多く、配布されたテキストやプリントを十分に理解することができていないようです。学生サポートセンターでは、このような基礎的な部分から徹底的にサポートするので、着実に、そして確実に基礎を固め、実力アップを図ることができます。

化学

化学は「暗記の科目」と思っていませんか?
化学記号や化学反応式など覚える要素が多いため、化学は「暗記の科目」だと思われがちですが。決してそうではありません。化学は他の理工系科目と同様の「理解する科目」です。従って、"化学が苦手"という人ほど、暗記に頼る学習方法から理解する学習方法へと考えていく必要があります。学生サポートセンターでは、授業でわからなかったことや忘れてしまった高校レベルの基礎を理解するまでじっくり指導するとともに、一人ひとりに合った効果的な学習方法もアドバイス。さらに、多くの学生が苦手としている実験考察のまとめ方についても助言を行っています。

英語

「英語の長文なんか永遠に読めない!」と諦めてしまっていませんか?
例えば英語の講読の授業で、英文の構造をきちんと見ないまま、和訳を丸暗記して試験に挑む人が少なくありません。しかし、そのような勉強法では、本質的に英文を読めるようにはなりません。英文を正しく読むためには、まず英文の構造を理解しなければなりません。ただし、そこで必要となるのは、基礎的な文法知識だけです。中学高校レベルの文法知識さえあれば、辞書を片手に、どんな英文も読むことができます。学生サポートセンターでは、授業の説明などを聞いても分からなかった英文を、中学高校レベルの英文法に照らし合わせつつ、読み解けるようにじっくりと指導します。文法知識を英文読解実践へとつなげていくコツ、英語長文のアプローチ方法など丹念に説明します。リスニングの学習方法などについてもアドバイスしています。英語が苦手なあなた、悩んでいないで、ぜひ学生サポートセンターに相談しに来てください。

TOP