グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 挨拶集 > 2018年度 > 平成30年度秋期入学式式辞

挨拶集


平成30年度秋期入学式式辞


 本日ここに、平成30年度秋季入学式を挙行するにあたり、心よりお祝いを申し上げます。博士後期課程に2名、修士課程に6名の、才気溢れ前途洋々たる皆様をお迎え出来たことは、千葉工業大学にとりまして大きな慶びであります。
 千葉工業大学は、76年前に欧米先進国に負けない工学教育を行う大学をつくり、日本だけではなくアジア全体の工業力を高めようという使命をもって創立されました。千葉工業大学の設立趣意書には、「日本のみならずアジアを背負い世界文化に尽力する人物を養成する」と書かれています。この理想は「世界文化に技術で貢献する」という建学の精神として今日まで脈々と生き続けてきました。そして今では、東京工業大学に次いで日本で2番目に長い歴史を有する最古の私立工業大学として確固たる地位を築いています。
 大学の門をくぐった今日から、皆さんも千葉工業大学の建学の精神と、その継承の歴史を担うことになります。その誇りと責任を胸に刻んで、悔いのない大学院生活を送られることを願っています。
 これからの大学院生活において、皆さんが自己の可能性を最大限に引き出し、新しい時代と新しい課題に向けて果敢にチャレンジされることを心から期待して私の式辞と致します。 
 御入学、おめでとうございます。

平成30年9月14日
千葉工業大学 学長 小宮一仁


On the occasion of the 2018 autumn entrance ceremony, I offer you heartfelt congratulations. It is our great pleasure to welcome you all, 6 students in graduate school master’s degree courses and 2 students in doctoral degree courses, so full of intelligence and with bright futures ahead.
Seventy-six years ago, the Chiba Institute of Technology (CIT) was established to offer engineering education equal in quality to that in Europe and America, and to raise the industrial capacity of not just Japan but all of Asia. CIT’s prospectus states: “Cultivate individuals that lead Japan and the rest of Asia in efforts to contribute to world culture.” This ideal has been passed down to the current age as the school philosophy: “Contributing to world culture through technology.” CIT has gained recognition through its achievements and long history as Japan’s second oldest university of technology.
When you pass through the university gate today, it will be your turn to carry on in the tradition of CIT’s philosophy and inherited history.
I hope that you can make the most of your individual possibilities from university life, boldly take on the new challenges, and build yourself a great story.
Congratulations.

14th September, 2018
Kazuhito Komiya
President, Chiba Institute of Technology
TOP