グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 挨拶集 > 2013年度 > 千種寮創立50周年記念誌

挨拶集


千種寮創立50周年記念誌


2月8日/8 February
50周年、そして未来

ご存知のとおり、千葉工業大学は昨年創立70周年を迎えました。70年は非常に長い年月です。千葉工業大学が70年以上にわたり我が国や世界のリーダーを輩出する高い教育を提供し続けてこられたのは、師弟同行・師弟共生の理想を持ち続けたからでしょう。そして、学寮はこの理想の実現と継承に大きく貢献してきました。

千葉工業大学の全寮制の学寮は、1942年の大学創立と同時に誕生しました。千葉工業大学の学寮は、単なる学生の住まいではありません。それは、生活し、学び、社会活動に参画する場です。当初は、学生と共に教員も学寮に住み、学寮の運営に携わっていました。このシステムは、英国のオックスフォード大学やケンブリッジ大学のカレッジを模範にしたものであると私は考えます。

理想を継承する学寮の誇りと責任は、昭和39年から千種寮に受け継がれ、半世紀が経ちました。千種寮には4つの棟があり、寮生はいずれかの棟に所属しています。各棟は学業やスポーツ等で競い合い、それにより仲間意識を高めます。このようなヨーロッパのエリート育成の教育方法により、千種寮は50年間、本学の伝統を継承してきました。

来春、千種寮は閉寮します。それは千葉工業大学の歴史における新時代の幕開けを告げるものです。

グローバル化は、私たちの想像よりもずっと急速に進んでいます。人や物や情報が自由に飛び交い、新しい機会や新たな課題が生み出されます。このような状況に対応するため、教育は遅れをとってはなりません。教育によって、地球規模の本質的な連携を理解し地域を越えたすべての人々のために行動できる人間を育てなければなりません。

これからの大学は国際的な授業を多く開講し、語学のプログラムを充実させ、学生が海外に留学する機会を増やさなければなりません。また、国を超えて学生同士がつながる新しい機会を積極的に提供し、授業そのものに新たな視点や声を加えて、学びの価値を高めなければなりません。

千葉工業大学は、次世代の学生がグローバルに学び国際社会の一員として育つことを願い、新習志野キャンパス内に新しい2つの学寮(椿寮と桑蓬寮)をつくり来春オープンします。椿寮は、初めての女子学寮です。新しい学寮は、留学生を受け入れ異文化間の対話を促進する場でもあります。私は、千種寮の精神がこれら新しい学寮に受け継がれて行くと確信しています。

千種寮50周年、心より御祝いを申し上げます。

50th anniversary and the future
As you might already know, last year was the 70th anniversary of Chiba Institute of Technology. Seventy years is a very long period of time. The main reason why Chiba Institute of Technology, over the past seven decades, has earned own place by providing the highest quality of education for our citizens, and many of whom hold leadership roles in Japan and around the world, because we remain true to our high ideals of the “teacher and student moving towards the same goal”. The college of our university has greatly contributed to the realization and the succession of the ideals.
There was the collegiate system at the time when Chiba Institute of Technology was established in 1942. The college of our university is more than just a hall of residence. It is a place where you will do a lot of living, studying and socialising.
In the early days, college community included both students and teachers. The system, in my opinion, was based on the colleges systems of Oxford and Cambridge Universities in the United Kingdom.
The ideals succeed to Chigusa College in 1964 and fifty years have passed. Chigusa College is divided into four houses and each student is allocated to one house. Houses may compete with one another at studies, sports and maybe in other ways, thus providing a focus for group loyalty. With such classical European-style education, Chigusa College took an active role in following a tradition of our university for fifty years.
Chigusa College will be closed down next spring. It ushers in a new era in the history of Chiba Institute of Technology.
Globalization outpaces our ability to comprehend what's happening. People, information and products flow freely across borders and create new opportunities and challenges. Since the changes sometimes happen more quickly than we can adapt, education must catch up to globalization. Through education, we must prepare world citizens who understand the interconnected nature of our planet and who are willing to act on behalf of people everywhere.
Next-generation universities need to introduce more international lessons, expand language programs, and extend study-abroad opportunities. Universities also need to provide new opportunities to connect students with others throughout the world and introduce different perspectives on the lessons being studied.
Chiba Institute of Technology will open new two colleges, named Tsubaki College and Soho College, for global learning to motivate the students of the next generation to work as international citizens. Tsubaki College will be the first college for women students. These colleges welcome international students and encourage cross-cultural dialogues. I am confident that the spirits of Chigusa College will lives on in a future of these new colleges.
I am delighted to celebrate with you the 50th anniversary of Chigusa College.

(千葉工業大学 千種寮50周年記念誌に掲載)
TOP