グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



後期公開講座


ホーム >  公開講座 >  後期公開講座

2019後期公開講座

はやぶさ2をはじめとした惑星科学の今
~ 今年、はやぶさ2がリュウグウにタッチダウンするなど惑星科学のイベントが目白押しです。
その惑星科学の今をお伝えします ~

開催日時 令和元年11月2日(土)・16日(土)・12月7日(土)・14日(土)・21日(土)
(各日とも13:30~15:00)
講師・内容 本学の教員・研究員が担当します。(講師・内容ともに各回、変わりますので以下の詳細をご覧ください)
※ そのため、申し込みも各回とさせていただきます。
定 員 50名(申し込み多数の場合は抽選)
対 象 原則、中学生以上
(第1回のみ保護者同伴で小学生も可)
場 所 東京スカイツリータウンⓇキャンパス(東京スカイツリー ソラマチ8階)
https://www.it-chiba.ac.jp/skytree/access/
申し込みは、
こちらから →
https://req.qubo.jp/cit/form/qy7Otxd2/
申込締切日 (第1回)10月31日(木)締切
(第2回)11月10日(日)締切
(第3回)12月 1日(日)締切
(第4回)12月 8日(日)締切
(第5回)12月15日(日)締切
受講費用について 無 料

講座詳細

第1回 11月2日(土)13:30 ~ 15:00
「無重力の世界~様々な物理現象と重力の関係」(講師:先端材料工学科 教授 小澤俊平)

無重力環境では,今まで見えなかったものや気づかなかった事が明らかになったり,これまで不可能であったことが実現できるようになったり
します.本講座では,これまでに行われてきた様々な無重力実験ビデオを使って様々な物理現象と重力との関わりや,また本学が参加している
無重力実験について紹介します.


第2回 11月16日(土)13:30 ~ 15:00
「はやぶさ2の軌跡」(講師:惑星探査研究センター 上席研究員 千秋博紀)

2014年末に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」は,2018年6月に小惑星「リュウグウ」に到着しました.それから約1年半「はやぶさ2」はまもなく,任務を完遂して小惑星「リュウグウ」を離れ,地球にサンプルをもちかえる軌道に移ります.本講座では,これまでの「はやぶさ2」の軌跡と成果を紹介します.


第3回 12月7日(土)13:30 ~ 15:00
「ふたご座流星群と深宇宙探査技術実証機DESTINY⁺」(講師:惑星探査研究センター 主席研究員 荒井朋子)

ふたご座流星群の母天体である小惑星「フェートン」を目指すDESTINY+探査計画の検討が進められています.DESTINY+は工学実証と理学観測を目的とするミッショで,JAXAと本学が共同で計画を進めています.理学ミッションの主任研究者である研究員がDESTINY+計画の最新状況を紹介します.


第4回 12月14日(土)13:30~15:00
「流星ダストを観測するための小型ロケット開発」(講師:機械電子創成工学科 准教授・惑星探査研究センター 非常勤上席研究員 和田豊)

地球には毎年4万トンもの宇宙由来の物質が降り注いています.特に流星群では多くの流星群ダストが地球に降り注ぎます.        
その時期に小型ロケットを打ち上げ,流星ダストの回収を目指すプロジェクトについて紹介します.


第5回 12月21日(土)13:30~15:00
「リュウグウ上には何があった? ~はやぶさ2搭載カメラで見た小惑星~」(講師:惑星探査研究センター 主任研究員 山田学)

ほんの二年前まで,およそ球体と言われていた小惑星「リュウグウ」.日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は、2014年12月に地球を旅立ち,
3年半かけて,この小惑星に接近し,その「カケラ」を持ち帰るために様々な観測や実験を行いました.搭載カメラが撮影したリュウグウの
写真を中心に「リュウグウ」の姿を紹介します.

申し込みは各回で受付をします。詳細については、申し込みフォームにて確認してください。
  

お申し込みについて

・ ご希望の講座の「申し込みはこちらから→」の先にあるURLをクリックしてください。
⇒ クリックすると、入力フォームが登場しますので、必要事項を入力し、登録をクリックしてください。
  (ハガキ・FAX等での申し込みは受け付けておりません)
 なお、申し込み人数が、定員を上回った場合には、抽選の上、受講者を決定いたしますので、予め、ご了承ください。
 また、受講可否につきましては、各講座の開催5日前までにメールにて送信いたします(第1回目のみ前日までに送信させていただきます)

本件に関する問い合わせ先について

本件に関するお問い合わせにつきましては、以下のメールアドレスまで、お願いします。
千葉工業大学 産官学融合課 公開講座係
E-mail : kouza@it-chiba.ac.jp

TOP