グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

附属研究所/リエゾンセンター

ホーム > 附属研究所/リエゾンセンター > 附属研究所研究員

附属研究所研究員



栗林一彦(客員研究員)

Profile

1975~83年 東京大学宇宙航空研究所助手
1983~91年 文部省宇宙科学研究所助教授
1991~03年 同教授
2003~09年 独立行政法人宇宙航空研究開発機構教授
2009~14年 芝浦工業大学特任教授
2014年~ 今日に至る

所属プロジェクト

Al合金のフラックスフリーロウ付に対する雰囲気酸素分圧と添加元素の影響(プロジェクト代表者:小澤俊平)

これまでの主な研究成果

専門は材料プロセシングで、無容器溶融凝固による非平衡物質の創製に取り組んでいます。

  • K.Kuribayashi, H. Kato, K. Nagayama, Y. Inatomi and M. S. Vijaya Kumar An Experimental Verification of a Criterion for Forming Metastable Phases in Containerless Solidification Journal Applied Physics, 117 (2015), 154905.

  • M. S. Vijaya Kumar, K. Kuribayashi, J. Yu, J. T. Okada and R. Ishikawa, Microstructure and Magnetic Properties of Metastable RFeO3 (R: Rare-earth element) Formed from Undercooled Melt, Journal of the American Ceramic Society, 96 (2013), pp. 995-1002.

  • Kazuhiko Kuribayashi, Containerless Crystallization of Semiconductors, Solidification of Containerless Undercooled Melts, Ed. by D. M. Herlach and D. M. Matson, 2012, Wiley-VCH, Germany, pp. 261-280.

  • Y. Ishibashi, K. Kuribayashi and K. Nagayama, Rapid crystallization of levitated and undercooled semiconducting material melts, JOM, 64 (2012), pp. 1102-1108.

  • K. Kuribayashi and M. S. Vijaya Kumar, Metastable phase formation from undercooled melt of oxide material, Journal of Physics: Conference Series 327 (2011), 012019.