グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



対面授業開始に伴う感染防止対策について


ホーム >  大学案内 >  新型コロナウイルス感染症に関する対応について >  対面授業開始に伴う感染防止対策について

 5月26日(火)にホームページでお知らせしましたとおり、6月22日(月)から一部の科目を対象として対面授業が開始となります。
 入構対象者や入構方法などについては、「【6.17】対面授業開始後の入構規制と窓口対応について」をご確認ください。
入構にあたり、大学では新型コロナウイルス感染防止対策を以下のとおり行いますので、ご理解とご協力をお願い致します。

●各キャンパスの入構方法について
 1、大学への入構について
  ・出入口については以下のとおりとします。
   津田沼キャンパス ・・・・正門、車輌門のみ開門 
    ※駐輪場は利用できますが、通用門は封鎖していますので正門へお回りください。
   新習志野キャンパス・・・・正門のみ開門
    ※駐輪場は利用できますが、駐輪場から大学構内への入口は封鎖していますので正門へお回りください。
  ・入構の際、出入口にて検温機による体温測定及びアルコールでの手の消毒を行っていただきます。
    ※体温が37℃以上の場合は入構できませんので、ご了承ください
  ・マスクを着用してください。
  ・入構時に学生証をチェックします。必ず学生証を持参してください。
  ・一般の方の入構はご遠慮ください。
  ・企業等から来訪される方は、事前に訪問先の部署・教職員にアポイントをお願いいたします。

 2、建物内について
  ・出入口にアルコール等の消毒剤を設置します。
  ・階段の昇降区分分けを徹底します。
  ・エレベーターの搭乗人数の制限を徹底します。

 3、食堂について
  ・入口にアルコール等の消毒剤を設置します。
  ・混雑時には入場の制限を行います。
  ・飛沫感染防止のため各席に衝立を設置し、十分な座席間隔となるように椅子を間引きします。
 
 4、PC演習室について
  ・PCの対面設置に対して飛沫感染防止用の衝立を設置します。
  ・十分な座席間隔となるように使用できるPCを制限します。
  ・係員によるキーボード等の定期的なアルコール消毒を実施します。


 5、学生寮について
  ・毎朝寮生一人ひとりの検温を実施し記録をします。
  ・飛沫感染防止のため寮生食堂の各席に衝立を設置し、十分な座席間隔を取ります。
  ・共用スペースの利用制限と入場制限を行います。
  ・寮内でのマスクの着用を義務化します。

 学内に入構する皆様は、一人ひとりが感染防止対策を心がけ、ご自身の健康と安全を守ることを第一に行動してください。ご協力の程、よろしくお願いいたします。

正門検温所

正門検温所

学生センター等窓口

PC演習室

津田沼学生食堂

講義棟階段(下り専用)

講義棟エレベーター

TOP