グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



機械サイエンス専攻


ホーム >  学部・大学院 >  大学院 >  工学研究科 >  機械サイエンス専攻

製造業の最先端分野で活躍できる創造的技術者・研究者を育成
 本専攻は自動車などの輸送機器のエンジン性能や熱交換機などの熱流体機器のエネルギー変換を対象としたエネルギー工学分野、高能率高精度設計技術・加工技術・制御技術によるものづくりを対象とした機械システム工学分野、精密測定、精密加工、微細形状創生を対象とした精密工学分野、そして新材料創生、エコマテリアル、新しい材料加工技術を対象とした材料工学分野の4分野から構成されます。
 学部教育で培われた基礎教育の一層の体系化と教育資質の向上を図るべく各分野とも複数教員を配置し、複数科目を開講して先端の科学技術を吸収・発展させるように教育を行っています。また課題に対して自分の力で問題を抽出させ、計画を立て実行し、次なるステップアップを図れる洞察力、創造力および実行力を養うために演習・実験教育に主眼を置いています。社会人学生に対しても、各分野の特定教科担当を複数教員配置することにより、開講時間の柔軟な対応が可能になっており、本専攻の高度な専門教育の修得ができます。
 本専攻で教育を受けた学生の大部分は、産業界において生産技術者、設計技術者、開発技術者、研究者として活躍でき、社会に貢献できるものであり、また博士後期課程に進学する能力を具えることもできます。
修業年限 2年


ディプロマ・ポリシー

機械サイエンス専攻では,有限な資源を有効に活用しながら高付加価値の製品をタイムリーに創生できる高度な技術者・研究者の養成,ひいては持続可能な社会の形成に寄与し,世界文化に技術で貢献し得る創造的な「ものづくり」ができる人材の育成を目的としている。そのため,エネルギー工学、機械システム工学,精密工学および材料工学を中心とした下記の能力を獲得し,カリキュラム上で定める所定の単位を修得した人材に修士(工学)の学位を授与する。
1. エネルギー工学,機械システム工学,精密工学,材料工学の各分野における高度な専門知識と専門技術を説明することができる。
2. 専門分野における自らの思考・判断のプロセスを説明して伝達するためのコミュニケーション及びプレゼンテーションを行うことができる。
3. 専門的な観点から課題を発見し,継続的な課題解決と共同作業を実行することができる。
4. 専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解することができる。

カリキュラム・ポリシー

機械サイエンス専攻は,エネルギー変換を対象としたエネルギー工学,材料加工・設計・動特性制御を探求する機械システム工学,微細領域の測定・評価技術を開拓する精密工学,新規な材料技術の開発を推進する材料工学の4研究分野から成り立っている。各分野を横断するカリキュラムによる様々な知識の習得,創造力を養う演習・実験教育により,循環型ものづくりを高度化でき,世界文化に技術で貢献できる能力の修得を可能とし,ディプロマ・ポリシーを達成する。

修士課程指導教員一覧

平成30年4月1日現在
研究分野 氏名 職名 学位
分 野 氏 名 職 名 学 位
エネルギー工学 佐々木洋士 教 授 工学博士
佐野 正利 教 授 工学博士
仁志 和彦 教 授 博士(工学)
加藤 琢真 准教授 博士(工学)
機械システム工学 緒方 隆志 教 授 工学博士
鈴木 浩治 教 授 博士(工学)
瀧野日出雄 教 授 博士(工学)
大関  浩 准教授 博士(工学)
高橋 芳弘 准教授 博士(工学)
中代 重幸 准教授 博士(工学)
原 祥太郎 准教授 博士(工学)
精密工学 坂本 幸弘 教 授 博士(工学)
長瀬  亮 教 授 博士(工学)
平塚 健一 教 授 工学博士
松井 伸介 教 授 博士(工学)
徳永  剛 准教授 博士(工学)
和田  豊 准教授 博士(工学)
材料工学 井上 泰志 教 授 博士(工学)
内田 史朗 教 授 博士(工学)
小林 政信 教 授 工学博士
小山 和也 教 授 博士(工学)
齋藤 哲治 教 授 博士(工学)
本保元次郎 教 授 博士(工学)
小澤 俊平 准教授 博士(工学)
田村 洋介 准教授 博士(工学)
寺田 大将 准教授 博士(工学)
永井  崇 准教授 博士(工学)
※ 指導教員については、変更となる場合がありますので大学院入学試験への出願の際は募集要項で確認してください。

TOP