グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



電気電子情報工学専攻


ホーム >  学部・大学院 >  大学院 >  工学研究科 >  電気電子情報工学専攻

電気電子情報に関する専門家を育て、現代社会のインフラを支える
 本専攻の専門分野には、電気エネルギーの発生から変換とそれを有効に利用する電気工学、電気を信号として通信や計測制御に応用する電子工学、信号を情報として扱い画像や音声処理に応用する情報工学までの広範囲な内容が含まれます。また、これらは産業界や情報化社会の基盤となる技術であり、日常生活における重要性が日増しに高まる分野です。このような状況から、本専攻では電気電子基礎工学、電気システム工学、計測制御工学、情報メディア工学、情報通信工学、電気電子応用工学の6つの専門分野を設置しています。各分野の基礎的科目と先端的内容の科目を通して、電気電子情報に関する幅広い基礎知識と深い専門知識を持った高度な技術者・研究者を養成することを目指します。
修業年限 2年


ディプロマ・ポリシー

電気電子情報工学専攻では,電気電子基礎工学,電気システム工学,計測制御工学,情報メディア工学,情報通信工学あるいは電気電子応用工学の分野で幅広い専門基礎知識と実践的な専門知識を有した高度技術者,および上記分野における深い専門的知識を備えた創造的・革新的な研究開発を志向する人材の育成を目指している。そのため、下記の能力を獲得し、カリキュラム上で定める所定の単位を修得した人材に修士(工学)の学位を授与する。
・各専門分野における高度な知識と技術を理解し、応用することができる。
・各専門分野における技術課題を発見し、系統的に問題解決できる。
・問題解決の過程で、チームによる協調的な取り組みおよび指導力を発揮した取り組みができる。

カリキュラム・ポリシー

電気電子情報工学専攻は,ディプロマ・ポリシーに記した6分野から構成され、広範囲に及ぶことから、カリキュラムを共通分野と専門分野に分け、基礎から応用まで広い専門知識を習得できるようにする。共通分野としては本専攻に共通する専門科目を配置し、演習や実験を通して問題解決能力や創造力の向上を図り、チームにおける取り組みの経験を深める。一方、専門分野では分野ごとにコア科目と推奨科目を設定し、研究を通して問題解決に対する系統的な考え方や手法を体得させると共に、問題発見能力の向上を図る。以上によりディプロマ・ポリシーを達成する。

修士課程指導教員一覧

平成30年4月1日現在
研究分野 氏名 職名 学位
電気電子基礎工学 小田 昭紀 教 授 博士(工学)
杉浦  修 教 授 工学博士
鈴木  進 教 授 博士(工学)
脇田 和樹 教 授 博士(工学)
清水 邦康 准教授 博士(工学)
安川 雪子 准教授 博士(工学)
電気システム工学 西田 保幸 教 授 博士(工学)
山崎 克巳 教 授 博士(工学)
脇本 隆之 教 授 博士(工学)
計測制御工学 佐藤 宣夫 教 授 博士(工学)
関  弘和 教 授 博士(工学)
藤本  靖 教 授 博士(工学)
室 英夫 教 授 博士(工学)
情報メディア工学 飯田 一博 教 授 博士(工学)
久保田 稔 教 授 博士(工学)
今野 将 教 授 博士(工学)
小原 和博 教 授 博士(工学)
苣木 禎史 教 授 博士(工学)
中静  真 教 授 博士(工学)
宮田 高道 教 授 博士(工学)
森 信一郎 教 授 博士(情報学)
情報通信工学 菅原 真司 教 授 博士(工学)
長  敬三 教 授 博士(工学)
枚田 明彦 教 授 博士(工学)
中林 寛暁 准教授 博士(工学)
電気電子応用工学 相知 政司 教 授 博士(工学)
水津 光司 教 授 博士(工学)
陶   良 教 授 工学博士
山本 秀和 教 授 工学博士
※ 指導教員については、変更となる場合がありますので大学院入学試験への出願の際は募集要項で確認してください。

TOP