グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



建築都市環境学専攻


ホーム >  学部・大学院 >  大学院 >  工学研究科 >  建築都市環境学専攻

持続可能な社会を形成するための、広範囲な知識と実践的な技術を修得
 建築都市環境学とは、建築、地域、都市、自然、地球等の人間を取り巻く環境全てを、工学的な見地はもとより人間的、社会的な視野も含めて捉え、持続可能な社会を形成する上で必要な広範囲で実践的な技術を研究する学問です。本専攻における教育・研究は、今日的な課題を反映し、多様で独創性に富んだものです。例えば、美的で快適であるばかりではなく、低炭素社会実現に向けた建築物、都市の基幹的施設や都市環境の提案、地域経済の活性化、景観保全や新たなる地域共同体の創造を目指す地域計画、身近な住生活から地球全体に至る幅広い持続可能な計画、構造物の安全性の追求と環境負荷の低い新素材の開発、地震や火災に強い都市の防災計画、地盤や地下空間の基礎的メカニズムの解明などがあります。本専攻では、これらの教育・研究を通じて、将来、建築・地域開発・環境保全の分野で活躍できる高度な専門技術者や研究者等の高度専門職業人を育成していきます。
修業年限 2年


ディプロマ・ポリシー

建築都市環境学専攻では,建築都市環境に関わる専門科目の基礎学力を統合して,建築,地域,都市の発展と自然環境,地球環境と人類文化の調和・共生に貢献できる広い視野と洞察力,柔軟性に富んだ企画力・展開力・応用力などを醸成できる最新かつ深化した知識と技術を取得した人材に修士(工学)の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー

建築都市環境学専攻は,設計・意匠,地域計画学,環境工学,構造・材料学,防災・地盤工学の5分野で構成している。本専攻では,各分野の教育目標である,
(a)美的で快適な建築空間・都市景観・都市環境を創出できる建築家としての能力,
(b)都市機能の向上および新たな地域社会の創造に資する技術,
(c)快適で環境負荷低減を考慮する室内環境形成のための技術,
(d)構造物の安全確保と新素材による新たな空間創造を可能にする技術,
(e)自然災害や地盤・地下空間に関する高度な技術者としての能力の修得を達成するために必要な科目群によりカリキュラムを構成する。


修士課程指導教員一覧

平成30年4月1日現在
研究分野 氏名 職名 学位
設計・意匠 石原 健也 教 授 修士(芸術工学)
遠藤 政樹 教 授 工学修士
片山  律 教 授 博士(工学)
寺井 達夫 准教授 工学博士
地域計画学 赤羽 弘和 教 授 工学博士
鎌田 元弘 教 授 学術博士
佐藤 徹治 教 授 博士(工学)
寺木 彰浩 教 授 博士(工学)
環境工学 小峯 裕己 教 授 工学博士
佐藤 史明 教 授 博士(工学)
松島  大 教 授 博士(理学)
望月 悦子 教 授 博士(工学)
若山 尚之 教 授 博士(工学)
亀田  豊 准教授 博士(工学)
構造・材料学 内海 秀幸 教 授 博士(工学)
中野 克彦 教 授 博士(工学)
藤井 賢志 教 授 博士(工学)
山田 丈富 教 授 博士(工学)
橋本紳一郎 准教授 博士(工学)
防災・地盤工学 小宮 一仁 教 授 博士(工学)
鈴木  誠 教 授 工学博士
鈴木比呂子 教 授 博士(工学)
※ 指導教員については、変更となる場合がありますので大学院入学試験への出願の際は募集要項で確認してください。

TOP