グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

情報公開

ホーム > 情報公開 > 大学からの報告

大学からの報告


専任教員の懲戒処分について(報告)

 本学教授1名を、令和3年7月1日付けで、出勤停止9ヶ月間の懲戒処分とした。
 今回、同教授が学生に対して行った行動等がアカデミックハラスメントにあたり、就業規則第3条(服務心得)第2項第6号の「性的、威力的、侮辱的その他の言動により他の職員又は学生に苦痛や不利益を与えたり、他の職員の就業環境又は学生の教育・研究環境を害しないこと。」に違反したと判断し、同規則第46条第5号により、9ヶ月間の出勤停止処分とした。

令和3年7月1日