グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



女子向け企画 チバテクコの部屋


ホーム > 女子向け企画 チバテクコの部屋 > 直撃取材!音楽ビジネスを支えるオシゴトを大調査

直撃取材!音楽ビジネスを支えるオシゴトを大調査


社会科見学
  • 千葉工業大学×TOWER RECORDS
  • 音楽ビジネスを支えるオシゴトを大調査!
インタビュー

私たちが聞きました!

「NO MUSIC, NO LIFE.」というインパクト抜群のコーポレート・ボイスで知られるタワーレコード。現在は、CD・DVDなどの音楽ソフト販売を主軸としながら、さまざまなビジネスを展開しています。今回は、千葉工業大学社会システム科学部の女子学生2名がタワーレコードの広報担当者を直撃取材。レコード店の枠を越えた新たなビジネススタイルについて聞いてきました!

教えてくれた人


―街中に数多くあるCDショップのなかで、 タワーレコードの独自性はどのような点にあるのでしょうか?

谷河 タワーレコードは1960年に、アメリカ・カリフォルニア州サクラメントにオープンしたスーパーマーケットスタイルのレコード店で、1979年に輸入レコードの卸売り部門として、日本に上陸しました。その後、1980年に札幌1号店、1981年に渋谷2号店がオープン。現在は、TOWER RECORD CAFEなどの飲食店を含む、全国87店舗を展開しています。私たちのこだわりは、 「音楽が大好きなスタッフが、自分たちが本当にいいと思う作品を売っている」ということ。そのため、各店のバイヤーがかなりの権限を持って商品の仕入れを行います。店舗によって、かなりカラーが違うのもタワーレコードの特徴かもしれません。

―店舗スタッフのみなさんは、現場でどのような努力をなさっているのですか?

谷河 音楽配信サービスなどがメジャーになり、音楽ビジネスは転換期を迎えていますが、私たちのこだわりは、やはり店舗に足を運んでもらうことです。ショッピングのついでにフラッと立ち寄って、新しい音楽と出合う楽しさを提供したいのです。そのため例えば、旗艦店である渋谷店では、各フロアで独自のインストアイベントを開催しています。特定のジャンルに詳しいスタッフも多く、そのスタッフ目当てに来店してくれるお客様もいます。

そんな努力があったんだ!!

―「新しい音楽体験」を提供するって、ワクワクしますがとても難しそう。具体的には、どのような取り組みをなさっていますか?

谷河 タワーレコードは日本上陸当初、国内であまり知られていない海外のアーティストを積極的に紹介してきました。そのDNAは健在で、今もインディーズアーティストの発掘には力を入れています。そのため、独自レーベルを設立し、自社でまだメジャーでないアーティストのPRをお手伝いしています。その代表例が「FIRE STARTER」。これは、全国のタワーレコードの店舗スタッフが、各地域で活躍するアーティストをスカウトし、オリジナルCDを店舗で販売するというもの。各店舗での売上げ次第では、全国発売のチャンスもあります。また、アイドルに特化した「T-Palette Records」も展開しています。 ここから、新潟出身のアイドルNegiccoなどが全国区に羽ばたいていきました。

―レーベルをつくるだけでCDが売れるほど音楽ビジネスは簡単ではないと思いますが、どんな情報発信をしているのでしょうか?

谷河 全国のタワーレコードに設置している「bounce」などのフリーマガジンのほか、TwitterやLINEといったSNSを使った広報活動にも力を入れています。例えば、Twitterなら各店舗・各フロアの担当者が独自に情報を発信するので、タワーレコード公式のものだけで100以上のアカウントがあります。また、 「TOWER REVOLVE PROJECT(通称:タワレボ)」 というインターネット番組も運営しています。様々なジャンルの音楽やアーティストを紹介するオリジナル番組の配信を行ったりしています。

―やはりインターネットを使ったサービスの活用は不可欠なんですね! では、最後に音楽に携わるビジネスに興味がある女子高校生にメッセージをお願いします。

谷河 とにかく音楽が好きなら、もっともっと幅広いジャンルやアーティストの作品に触れてほしいですね。世の中には、知らない素敵な音楽がまだまだたくさんあります。まずは、タワーレコードに足を運んでもらって、好きなアーティストのCDの周りの棚を見てほしい。試聴機には、そのアーティストが影響を受けたバンドや同じジャンルのおすすめアーティストなどを見つけることができるはずです。 「新しい発見」をお客様に提供するためのこうした努力の裏側を知ることは、自分で新たなビジネスを考えるうえでのヒントになるのではないでしょうか。

CDだけじゃないんだね

音楽ソフト販売から広がるTOWER RECORDSのさまざまなビジネス

インターネット放送局

インターネット放送局

独自のストリーミング・メディア『タワレボ』を開設。オリジナルの音楽番組やインストアイベントの様子を配信
SNS発信

SNS発信

高校生もよく知るSNSの公式アカウントから、イベントや新曲のリアルタイム情報を発信!
オンラインショップ

オンラインショップ

全国の音楽ファンがいつでもほしいCD・DVDをゲットできるオンラインショップも運営
自社レーベル運営

自社レーベル運営

インディーズアーティストやアイドル専門の自社レーベルを運営し、新たな才能を発掘し音楽業界全体を活性化!

自社レーベル運営

アイドル専門レーベル T-Palette Recordsには、Negicco、アイドルネッサンスなどの人気アーティストが所属
音楽ソフト販売

音楽ソフト販売

飲食店運営

飲食店運営

飲食店運営

TOWER RECORDS CAFE、TOWER DININGの2業態で、計3店舗の飲食店を展開
ライブイベント企画

ライブイベント企画

大規模な音楽フェス 「Bowline 2015」など自社で企画、主催するイベントを開催

取材を終えて…

A.Kさん

「タワーレコードに行けば、知らなかった最新の音楽情報が手に入る」という谷河さんの言葉が印象的でした。話題のアーティストのCDを販売するだけでなく、インディーズの新人を発掘し、音楽市場の活性化を図っていることにも感銘を受け、自社レーベルをチェックしようと思いました。

S.Mさん

「好きなアーティストから一歩進んでみて」という谷河さんの言葉が胸に響きました。今後タワーレコードに行くときは、目当て以外の陳列棚や宣伝POPにも目を通し、スタッフのみなさんがどのアーティストのどんなところをPRしたいのかを読み取って、その工夫からも何かを学びたいです。