グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大成建設株式会社と共同で、自動で鉄筋を結束する自律型鉄筋結束ロボットを開発


ホーム >  Topics/お知らせ >  大成建設株式会社と共同で、自動で鉄筋を結束する自律型鉄筋結束ロボットを開発

本学は、大成建設株式会社(社長:村田誉之)と共同で、自動で鉄筋を結束する自律型鉄筋結束ロボット「T-iROBO Rebar(ティーアイロボ・リバー)」を開発しました。
建造物の骨組みを構築する鉄筋工事は、従来より作業の効率化や生産性の向上が求められており、技能労働者(鉄筋工)の高齢化や労働力不足などの課題も顕在化しています。
本ロボットの活用により、鉄筋結束作業を正確に繰り返すことができるようになり、作業の省人化・効率化による生産性の向上とともに、技能労働者(鉄筋工)の身体的負担の軽減、労働力不足による事業遅延等のリスク低減が可能となります。 「T-iROBO Rebar」の特徴は下記をご覧ください。

「T-iROBO Rebar概要」

TOP