グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



人工知能・ソフトウェア技術研究センターの「ハナノナ」がグッドデザイン賞を受賞


ホーム >  Topics/お知らせ >  人工知能・ソフトウェア技術研究センターの「ハナノナ」がグッドデザイン賞を受賞


10月4日、2017年度グッドデザイン賞受賞作品が発表になり、本学、人工知能・ソフトウェア技術研究センターの「ハナノナ」が受賞しました。
人工知能が持つ可能性を感じるとともに、それが完璧でない点や、予想外の結果を導く様子を手軽に観察でき、ブラックボックスになりがちな人工知能に対する理解を「花を分類する」という分かりやすいモチーフで導いている点が優れており、子供から大人まで幅広い層に受け入れられるデザインとなっていること。また、円形のディスプレイやテーブル、対象物を照らすスポットライトのような演出など、効果的な会場構成が評価され、今回の受賞となりました。

受賞ページ

TOP