グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



9月17日(木曜日)流星観測衛星S-CUBEの「きぼう」からの放出が決定


ホーム >  Topics/お知らせ >  9月17日(木曜日)流星観測衛星S-CUBEの「きぼう」からの放出が決定

  • 流星観測衛星「S-CUBE(エスキューブ)」が、以下の時刻に国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟から放出され地球周回軌道に投入されることが決まりました。
    2015年9月17日(木曜日)21時00分頃(日本時間)
    S-CUBEの放出ミッションは、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の油井亀美也宇宙飛行士が放出コマンドを送信する予定です。
  • 軌道投入後初めてのS-CUBEの可視時刻(S-CUBEと千葉工大地上局が通信できる時刻)は2015年9月17日(木曜日)23時30分~9月18日(金曜日)01時00分になる見込みで、この時からS-CUBEの運用が開始されます。
  • S-CUBEは千葉工業大学惑星探査研究センターを実施責任機関として、千葉工業大学惑星探査研究センターと東北大学が共同で開発する大学独自のプロジェクトです。
  • S-CUBEは世界初の「宇宙からの流星観測プロジェクト」です。
  • S-CUBEは二度の打上げ失敗に見舞われた流星観測カメラ「メテオ」の兄弟ミッションです。

概要

2015年8月19日、流星観測衛星S-CUBEは、宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)に搭載され、H-IIBロケット5号機により打ち上げられました。その後8月25日(日本時間)に「こうのとり」5号機はISSへの結合に成功し、S-CUBEは無事ISSに送り届けられました。S-CUBEはJAXAの小型衛星放出機構(J-SSOD)の衛星搭載ケースに格納された状態で打ち上げられており、「きぼう」日本実験棟の船内で宇宙飛行士により「きぼう」のロボットアームに取付可能な実験プラットフォーム上に設置されます。その後、日本独自の機能であるエアロックおよびロボットアームにより船外に搬出され、2015年9月17日(木曜日)21時頃(日本時間)にJ-SSODから放出されたのち、地球周回軌道に投入されます。これら一連の放出ミッションは、JAXAの油井亀美也宇宙飛行士が筑波宇宙センターの管制官と連携して実施する予定です。
軌道投入後初めてのS-CUBEの可視時刻(S-CUBEと千葉工大地上局が通信できる時刻)は2015年9月17日(木曜日)23時30分~9月18日(金曜日)1時00分になる見込みで、この時刻からS-CUBEの運用が開始されます。本運用においては、千葉工大局からS-CUBEにコマンドアップリンク(指令)電波が送信され、その指令に応じてS-CUBEから地上局にテレメトリダウンリンク(観測データなど)電波が送信されます。一連の衛星運用を千葉工大内の施設(衛星通信用パラボラアンテナ含む)のみで実施できることがS-CUBE運用の特徴です。S-CUBEは1日2回程度の可視が予定され、約1年間運用を実施します。
衛星放出後のS-CUBE運用のシーケンスは次のようになります。S-CUBEは、「きぼう」から放出されて30分後にコマンド受信アンテナを自動で展開します。放出後最初の可視時刻(2015年9月17日23時30分~9月18日1時00分)で衛星の健全性を確認します。衛星が健全であることを確認した後、地上からのコマンドによりパドルを展開します。このパドルには太陽電池セルが貼られており、パドル展開することでセルに太陽光が照射する面積が大きくなり、発電量を増やすことができます。こうすることで、観測機器や姿勢制御用リアクションホイールなど各機器を動作させることができ、これら機器の初期動作試験を実施することが可能となります。初期動作試験終了後に、カメラなど観測機器を地球に指向させるマストを地上からのコマンドで伸展させ、流星観測を開始します。流星観測の開始は10月中旬を予定しており、まずはオリオン座流星群(活動期間10月2日~11月7日)の観測を予定しています。

プロジェクト紹介

千葉工業大学惑星探査研究センターでは、惑星科学探査を目的とする超小型衛星プロジェクトを立ち上げました。初号機S-CUBEは宇宙からの流星観測をミッションとする3Uキューブサットです。キューブサットは10センチ角のユニットからなる超小型サイズの衛星です(S-CUBEは3ユニットなので30cm×10cm×10cm)。S-CUBEは日本初の3Uキューブサットとして、本格的な科学観測に挑みます。S-CUBEは千葉工業大学惑星探査研究センターを実施責任機関として、千葉工業大学惑星探査研究センターと東北大学が共同で開発しています。
S-CUBEがターゲットとする流星は、太陽系始原天体である彗星や小惑星の塵が地球大気に衝突する(ぶつかる)ことで生じる現象です。そのため、流星観測は「間接的な太陽系始原天体探査」といえます。S-CUBEには科学観測機器として可視カメラ1式と紫外線センサ3式を搭載しています。流星の紫外線はオゾン層による遮蔽のため地上に届かず、これまで詳細な観測が行われてきませんでした。S-CUBEは、世界初の「宇宙からの流星紫外線観測プロジェクト」であり、流星の発光メカニズムの解明や、流星塵成分の新たな情報を得ることが期待されます。この流星紫外線を観測できることから、可視分光観測を目的とする兄弟ミッション「メテオ」と相補的な関係にあります。また、地球への微小天体の衝突頻度や空間分布の評価につなげることができ、宇宙物質が地球にどれだけ供給されているのかを議論することが可能になります。大学規模で独自に推進できる本プロジェクトを推進することにより、宇宙惑星探査の新たな方向性を切り拓きたいと考えています。

WEBサイト

TOP