グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



学長 小宮 一仁 埼玉県立川越高等学校卒業、1987年3月早稲田大学理工学部卒業、2001年4月千葉工業大学教授、2012年6月第12代学長就任。専門は土質力学・土木工学。博士(工学)。

「世界文化に技術で貢献する」という理念のもとに

千葉工業大学は平成24年度に創立70周年を迎え、今さらに歴史を積み重ねるために新たな一歩を踏み出しています。戦前、欧米に負けない科学技術教育・研究の場をめざして誕生した千葉工業大学は、日本の私立工業大学として最も長い歴史を持っています。最先端を担おうとする精神は今も受け継がれ、多くの最先端分野を有する理工系を超える規模と強さを持つ千葉工業大学の原動力になっています。


千葉工業大学は、常に世界文化に学理と技術で貢献する大学をめざしてきました。その実績は歴史とともに広く社会に信頼され期待されるものとなっています。この実績をさらに伸ばすため、グローバル化推進、教育改革、附属研究所改革等を進めています。


交通至便な都会にあるにもかかわらず、木々に囲まれた美しく先進的なキャンパスはいつも明るく活気にあふれています。この環境は、教育・研究の場として極めて優れていると思います。是非一度、千葉工業大学におこしください。

「世界文化に技術で貢献する」という理念のもとに

千葉工業大学は平成24年度に創立70周年を迎え、今さらに歴史を積み重ねるために新たな一歩を踏み出しています。戦前、欧米に負けない科学技術教育・研究の場をめざして誕生した千葉工業大学は、日本の私立工業大学として最も長い歴史を持っています。最先端を担おうとする精神は今も受け継がれ、多くの最先端分野を有する理工系を超える規模と強さを持つ千葉工業大学の原動力になっています。


千葉工業大学は、常に世界文化に学理と技術で貢献する大学をめざしてきました。その実績は歴史とともに広く社会に信頼され期待されるものとなっています。この実績をさらに伸ばすため、グローバル化推進、教育改革、附属研究所改革等を進めています。


交通至便な都会にあるにもかかわらず、木々に囲まれた美しく先進的なキャンパスはいつも明るく活気にあふれています。この環境は、教育・研究の場として極めて優れていると思います。是非一度、千葉工業大学におこしください。


学部/研究科・附属研究所

  • 工学部
  • 工学研究科
  • 先進工学部
  • 創造工学部
  • 情報科学部
  • 情報科学研究科
  • 社会システム科学部
  • 社会システム科学研究科
  • 附属研究所/リエゾンセンター
  • 工学部
  • 工学研究科
  • 先進工学部
  • 創造工学部
  • 情報科学部
  • 情報科学研究科
  • 社会システム科学部
  • 社会システム科学研究科
  • 附属研究所/リエゾンセンター