グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



附属研究所/リエゾンセンター


ホーム >  附属研究所/リエゾンセンター

附属研究所では、千葉工業大学におけるさまざまな研究の総合化あるいは融合化を図ることをめざし、その把握を行うとともに、受託研究や共同研究の斡旋、あるいは助成研究の推進を行っています。さらに、千葉工業大学の未来を支えるべき優れた研究を支援し、世界に貢献できる研究基盤を構築することを目標として、学内の卓越した研究を重点的に支援します。
また、国内外の研究者の招へいの窓口として受入などのサポートを行うとともに、意欲溢れる大学院生の研究活動を支援し、将来の研究開発の中核を担う人材の育成にも積極的に取り組んでいます。


附属研究所長 河合 剛太 教授
1984年東京大学理学部卒業/1989年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了/1997年千葉工業大学専任講師、助教授を経て、2004年千葉工業大学教授/理学博士

附属研究所長 河合 剛太 教授

概要・目的

千葉工業大学 附属研究所は千葉工業大学における研究活動を統括するとともに、産官学における研究連携を推進することを目標としています。2013年4月より新たに設置したリエゾンセンターはこれまでの総合研究所のコンセプトを受け、大学と産官との連携をさらに強化、その関係をよりスムーズに、さらには社会からのニーズを的確につかむための機関として活動を進めていきます。
なお、2015年4月より附属研究所の名称となりました。

お問い合わせ

研究支援部 産官学融合課

E-mail sangakuyugo-stf@it-chiba.ac.jp
電話 047-478-0325
FAX 047-478-0434

TOP