グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部、学科等の名称及び教育研究上の目的


ホーム >  大学案内 >  大学概要 >  学部、学科等の名称及び教育研究上の目的


工学部

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 機械工学科
  • 電気電子工学科
  • 機械電子創成工学科
  • 情報通信システム工学科
  • 先端材料工学科
  • 応用化学科

教育研究上の目的

工学部は、自ら学習を継続する能力・論理的思考力・課題解決力・コミュニケーション力・豊かな人間力・国際感覚と教養を備え、専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、専門知識を応用する工学分野において世界文化に貢献し得る人材を養成することを目的とする。

創造工学部

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 建築学科
  • 都市環境工学科
  • デザイン科学科

教育研究上の目的

創造工学部は、自ら学習を継続する能力・論理的思考力・課題解決力・コミュニケーション力・豊かな人間力・国際感覚と教養を備え、専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、創造性を要する工学分野およびその学際的領域において世界文化に貢献し得る人材を養成することを目的とする。

先進工学部

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 未来ロボティクス学科
  • 生命科学科
  • 知能メディア工学科

教育研究上の目的

先進工学部は、自ら学習を継続する能力・論理的思考力・課題解決力・コミュニケーション力・豊かな人間力・国際感覚と教養を備え、専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、科学技術における先進的な分野において世界文化に貢献し得る人材を養成することを目的とする。

情報科学部

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 情報工学科
  • 情報ネットワーク学科

教育研究上の目的

情報科学部は、自ら学習を継続する能力・論理的思考力・課題解決力・コミュニケーション力・豊かな人間力・国際感覚と教養を備え、専門技術者として社会の変化と進展に対応し、また、守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、情報処理分野において世界文化に貢献し得る人材を養成することを目的とする。

社会システム科学部

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 経営情報科学科
  • プロジェクトマネジメント学科
  • 金融・経営リスク科学科

教育研究上の目的

社会システム科学部は、自ら学習を継続する能力・論理的思考力・課題解決力・コミュニケーション力・豊かな人間力・国際感覚と教養を備え、専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解し、分野横断的な学問領域を基礎とし、社会システムやマネジメント手法の分野において世界文化に貢献し得る人材を養成することを目的とする。

大学院工学研究科

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 機械サイエンス専攻(修士課程)
  • 建築都市環境学専攻(修士課程)
  • 工学専攻(博士後期課程)
  • 電気電子情報工学専攻(修士課程)
  • デザイン科学専攻(修士課程)
  • 生命環境科学専攻(修士課程)
  • 未来ロボティクス専攻(修士課程)

教育研究上の目的

学部教育で培われた専門基礎能力をさらに向上させる教育研究を実施し、修士課程においては、産業界での柔軟かつ創造的な「ものづくり」を可能とする高度専門技術者及び研究者を養成する。また、博士後期課程においては、高度な専門知識、幅広い視野及び総合的判断力を有し、かつ基礎的、先駆的な学術研究の推進及び工学に関する多様な分野において主導的役割を果しうる研究者を養成することを目的とする。

大学院情報科学研究科

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • 情報科学専攻(修士課程/博士後期課程)

教育研究上の目的

情報科学に関する高度な知識と技術のさらなる向上及びグローバリゼーションと情報化に対応したコミュニケーション能力の育成に関する教育研究を実施し、修士課程においては、情報処理分野のみならず広く産業界で活躍しうる高度専門技術者及び研究者を養成する。また、博士後期課程においては、情報科学に関する先端的な知見と技術を有し、かつ先駆的な学術研究の推進及び主導的役割を果しうる研究者を養成することを目的とする。

大学院社会システム科学研究科

学部・学科・研究科・専攻の名称

  • マネジメント工学専攻(修士課程/博士後期課程)

教育研究上の目的

企業経営から社会経済まで多様なシステムを対象とするマネジメントの理工学的方法論の知識体系に関する教育研究を実施し、修士課程においては、システムの多様化及び複雑化に対応しうる高度なマネジメント能力を有する高度専門技術者及び研究者を養成する。また、博士後期課程においては、マネジメントと社会システムに関する高度専門的知識を有し、対象領域に新たな知識体系を創造しうる研究者を養成することを目的とする。

TOP