グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



国際金融研究センター(GiFr)


ホーム >  国際金融研究センター(GiFr)

「おかね」という血液が「金融ネットワーク」という血管の中を元気よく流れていると、活発なイノベーションが起きますが、血管のどこかが詰まると経済は停滞します。医療の世界では、CTスキャナー、MRI、PETといった3次元画像撮影装置の発明によって人間の体内の詳細な状態を診断できるようになり、治療成果が飛躍的に向上しました。「国際金融研究センター」は、経済の「体内」の詳細な姿を把握する多様な仕組みを考案し、広く社会一般にわかりやすい形で発信することを活動の大きな目的とします。ビッグデータを活用した様々なインデックスの提案、開発と、それを利用した分析成果の発信がその中心になります。また、最近、新しい金融産業として注目を集めるフィンテック分野の研究にも、積極的に取り組みます。

TOP