グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



未来ロボティクス専攻


ホーム >  学部・大学院 >  大学院 >  工学研究科 >  未来ロボティクス専攻

工学分野の学際化や総合化の進展に寄与
 本専攻では、高度な専門学習の提供や専門的職業を担う人材養成といった現代社会の要請に応えるため、ロボット工学分野の基盤である機械工学、電気工学、電子工学、情報工学などの幅広い知識体系に対応する4分野を設置しました。学部段階で工学専門に関する基礎知識や技術を修得した者を対象に、ロボット開発に関する高度な専門的知識や応用的能力、研究的能力の育成に向けた学際総合的な教育研究を実施します。
 また、このような教育研究の実施を通して、将来、産業社会の幅広い分野において、創造性豊かな優れた開発能力や研究能力を身につけた研究者及び開発者の養成を目指すとともに、工学分野の学際化や総合化の発展に寄与することを目指します。
修業年限 2年


ディプロマ・ポリシー

未来ロボティクス専攻では,ロボット開発に関するより高度な専門知識や応用技術を習得すると共に,研究的能力を身に付けた人材を養成することにより,工学分野の学際化や総合化の進展に寄与することを目指している。産業社会の幅広い分野において,創造性豊かな優れた開発能力や研究能力を身に付けた技術者,研究者として活躍することのできうる人材に修士(工学)の学位を授与する。
1. 運動知能,知能創生,生体機能,感覚感性の各分野における高度な専門知識と応用技術を説明することができる。
2. 専門的な観点から課題を発見・研究し,課題解決と共同作業を実行することができる。専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を
理解することができる。
3. 専門分野における自らの思考・判断のプロセスを説明するためのコミュニケーション及びプレゼンテーションを行うことができる。

カリキュラム・ポリシー

未来ロボティクス専攻は,運動知能,知能創生,生体機能,感覚感性の4つの分野からなる。ロボット開発に関する高度な専門知識や応用能力,研究能力の育成にむけた学際総合的な教育内容を体系的に履修することができるように,基本研究科目,基幹研究科目,実践研究科目,課題研究科目の各科目群を設けると共に,人材養成の目的を達成するために必要となる授業科目を配置することによりディプロマ・ポリシーを達成する。

未来ロボティクス専攻の授業科目

運動知能ロボティクス

  • ロボット設計学特論
  • 確率ロボティクス

知能創生ロボティクス

  • インテリジェントロボットモーション
  • 電気電子システム工学特論

生態機能ロボティクス

  • 生体流体特論
  • バイオ/メディカルロボティクス

感覚感性ロボティクス

  • 感性ロボティクス特論
  • コミュニケーションロボティクス特論

共通

  • 機械要素設計特論
  • 工業数学特論
  • アドバンスドダイナミクス
  • アドバンスドコントロール
  • 知能ロボット特論
  • グローバルコミュニケーション
  • ロボット設計製作特論
  • 論文作成・プレゼンテーション技法特論
  • 技術者・研究者倫理
  • 修士特別研究

修士課程指導教員一覧

平成28年4月1日現在
研究分野 氏名 職名 学位
運動知能ロボティクス 林原 靖男 教 授 博士(工学)
米田 完 教 授 博士(工学)
知能創生ロボティクス 王  志東 教 授 博士(工学)
南方 英明 教 授 博士(工学)
青木 岳史 准教授 博士(工学)
生体機能ロボティクス 大久保宏樹 教 授 博士(工学)
太田 祐介 教 授 博士(工学)
菊池 耕生 教 授 博士(工学)
感覚感性ロボティクス 大川 茂樹 教 授 博士(工学)
藤江 真也 准教授 博士(工学)

TOP