グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



デザイン科学科


ホーム >  学部・大学院 >  創造工学部 >  デザイン科学科

デザイン科学科-Department of Design

デザイナーに不可欠な技術と思考法を身につけ、広い分野で活躍できる総合的な提案力を伸ばします。
POINT 1
デザイン思考を理解し、
実践します。
POINT 2
「形をもつもの」の魅力と責任を理解し、
確かなデザイン力を養います。
POINT 3
問題を見出し、興味を持つ力を伸ばし、
デザインを社会に役立てます。
  • 学科の特徴
  • 学びのポイント
  • カリキュラム
  • 進路・資格
※デザイン科学科WEBサイトはただいまメンテナンス中です。

学科の特色

課題発見から課題解決、造形まで、デザインに必要な4つの力を養います。

デザインというと美しい形をつくることと思われがちですが、それはデザインの一要素にしか過ぎません。社会の中にある課題を発見、解決策を提案し、具体的なカタチにする。このプロセスすべてがデザインです。本学科では、幅広い技術や思考法を学び、デザイナーに不可欠な「問題を自ら見つけ適切に定義する力」「幅広く解決の方向性を模索する力」「アイディアを提案して魅力的に伝える力」「具体的に検証し、解決に歩み寄る力」を身につけます。また、3Dプリンターなどのデジタルファブリケーション(デジタルデータと連動した工作機械)も活用し、創造力と想像力を兼ね備えたデザイナーを育てます。

ディプロマ・ポリシー
デザイン科学科は,以下のような知識・技術・能力等を身につけ,所定の単位を修得した学生に学位を授与する。
(1) 視野を広く持ち,問題に対して多様な視点から柔軟に取り組むための知識を修得している。
(2) 既成概念にとらわれることなく自由な視点から問題を発見し,自ら解決へと導く能力がある。
(3) 未知の課題に対しても積極的に挑戦する態度を持つ。
(4) 自らの思考・判断のプロセスを論理的に説明し、伝達するためのプレゼンテーションの基礎的能力を身につけている。
(5) 身につけたデザインに関する知識と技術を他者や他分野と共有・協働し,応用する力がある。
カリキュラム・ポリシー
デザイン科学科のディプロマ・ポリシーで定めた各能力を修得させるために,以下に示す教育課程編成の基本方針,教育課程編成の具体的な方針,及び能力到達度の評価方針を定める。

「カリキュラムの編成方針」
(1) デザイン分野で必要となる各能力を確実に修学するために,核となる科目を必修科目として全ての学期に配置する。

「教育課程編成における具体的方針」
(2) 各能力を修学する専門科目を「専門基礎科目」「専門基幹科目」「専門展開科目」の3群に段階的に配置するとともに演習科目を効果的に配置することにより,知識と技術の修得を確実なものとする。

「能力到達度の評価方針」
(3) ディプロマ・ポリシーの観点の下に設定された専門科目の全ての必修科目(38単位)を含む所定の単位数(84単位)を満たすことをもって,学生が能力を身につけたと評価する。


学びのポイント

1年次

デザインの理論と発想法を学び、基本となる力を修得します。
造形力・表現能力の下地となる造形論理や美的なセオリーを徹底的に学び、デザイナーとしての素養を身につけます。PBL(ここではプロブレム・ベースド・ラーニングの意)型の授業を通して、デザイナーに必要な思考法・発想法といった基礎を固める時期です。

2年次

自分の考えを伝える能力を伸ばします。
自分のイメージを的確に形にするためのさまざまな技術を身につけ、専門科目へとつながる学びを進めていきます。合わせてイメージを伝えるためのコミュニケーション力も磨きます。1年次に固めた基礎に何を積み上げるかを考え、自分の専門領域を広げていく段階です。

3年次

将来の進路に合わせて専門知識・技術を修得します。
プロダクトデザイン・インテリアデザイン等の履修モデルを核として、将来像に合わせた専門的な方法論を学びます。デジタルファブリケーションに対応した3Dモデリング の技術や、社会システム・社会サービス・情報メディアなども学びます。

4年次

学んできたすべてを使って、卒業制作に取り組みます。
学んだ理論・思考法・技術を活用し、卒業制作を中心としたPBL(ここではプロジェクト・ベースド・ラーニングの意)に取り組みます。社会とのつながりを意識して、企業や海外大学との協同ワークショップも積極的に実施。自由な時間で、さらに伸ばしたい力を補完します。

カリキュラム

画像クリックで拡大表示します

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


活躍できる業界・職種

  • 家電メーカー・自動車メーカーのプロダクトデザイナー
  • さまざまな製品の企画開発・デザイン担当者
  • インテリアデザイナー
  • ディスプレイデザイナー
  • 家具デザイナー
  • パッケージデザイナー
  • 広告出版などのグラフィックデザイナー
  • Webデザイナー 他

取得できる資格

  • 二級建築士※
  • 木造建築士※

※印は受験資格

TOP