グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



未来ロボティクス学科


ホーム >  学部・大学院 >  先進工学部 >  未来ロボティクス学科

未来ロボティクス学科-Department of Advanced Robotics

機械・電子・情報など総合的な工学技術が身につく最先端のロボット研究・開発を手掛けます。
POINT 1
1年次からロボット開発に関わる
専門的な学びを経験します。
POINT 2
ものづくりを通して
さまざまな技術を習得、創造力を養います。
POINT 3
ロボットに関わる知識と技術の両輪を磨き、
実践力を身につけます。
  • 学科の特徴
  • 学びのポイント
  • カリキュラム
  • 進路・資格
  • 学科サイト

学科の特色

ロボットづくりの楽しさを知り最先端工学技術を身につけます。

ロボットといえば、自動車の組み立てや、災害・被災地で活躍する姿を思い浮かべる人が多いかと思いますが、実は洗濯機や炊飯器、自動販売機だってロボットのひとつに数えられるもの。最近では車の自動運転もセンシングや人工知能、制御ロボットの技術を応用して急速に進化しています。ロボットを開発するには、機械・電子・情報などあらゆる工学知識と技術を組み合わせて活用する方法を身につけなければなりません。入学直後からロボットづくりに挑戦するのもそのため。幅広い分野を学ぶ苦労はありますが、ロボティクス技術を修得すれば、将来の進路も幅広く開けるはず。ロボットづくりに没頭する、充実した4年間を過ごしてください。

ディプロマ・ポリシー
未来ロボティクス学科では,組織として研究対象とする中心的な学問分野を「ロボティクス学分野」として,機械工学,電気工学,電子工学,情報工学,制御工学に関する基礎的・基本的な知識と技術を修得させ,ロボットに関する基本的な原理を理解させるとともに,人間の生活における利便性を向上させ,将来,ロボティクスの先進的な領域を開拓していく素養と実践的な能力を育成することにより,地域社会や地域産業への貢献し得る人材に学位を授与する。
カリキュラム・ポリシー
学科の教育目的・目標に基づき,汎用的技能や客観的に物事を考えるための能力及び社会の一員として求められる態度や志向性,国際理解や人間,社会,自然に関する知識の理解を深めるための「教養科目」と,専門の骨格を正確に把握させるため,ロボティクス学分野における学問体系と基本的な知識を理解する科目等から構成される「専門基礎科目」,専門教育を体系的に学修するうえでの導入,総論として,ロボティクス学に関する知識や内容について,体験的な理解を促進させるための科目等から構成される「専門基幹科目」及び「基幹」を受けて学修するロボットに関する基本的な原理を理解させるための専門分野の体系全般にわたる科目等から構成される「専門展開科目」によりカリキュラムを編成する。


学びのポイント

1年次

ロボットづくりの魅力を実感することがスタートとなります。
入学直後からロボットづくりに挑戦。工学の知識がなくともスムーズに学べるカリキュラムで、まずはそのおもしろさを実感し、どんな知識や技術が必要なのかを体感的に把握します。ロボット工学に必要な幅広い領域の知識を修得できるよう、教養科目も設定されています。

2年次

ロボットづくりに必要な理論を学び、基礎を固めます。
メカニクスや電気電子回路、信号処理など、ロボティクス技術の基本となる理論の学びに力を入れ、さらに体系立った実習で技術を強化。1年次に身につけたロボットづくりの基礎を定着化し、3年次以降の専門的な学びにつなげていきます。

3年次

専門性の高い学びを進め、研究室を選びます。
専門科目が本格的にスタートし、高度な知識を修得します。講義の多くは選択科目で、自分が興味を持った科目を選択することで、学びのテーマが絞られてきます。後期からは研究室に所属。課題解決の手法や、プレゼンテーションの技法を学び、卒業研究に備えます。

4年次

学んだ知識とスキルを総動員して卒業研究に挑みます。
卒業研究はこれまでの学びの集大成です。獲得した知識や技術を駆使して、これはと思うロボットを製作し、新たな技術や理論の構築に臨みます。企業から持ち込まれたテーマに沿って、現役の技術者とともに開発を手掛ける研究室もあります。

カリキュラム

画像クリックで拡大表示します

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


活躍できる業界・職種

  • 産業用・災害用ロボットの研究者
  • 自動車や電機メーカーのエンジニア
  • 医療・福祉機器の設計開発者
  • 工業製品の製造ロボットのエンジニア
  • システムエンジニア
  • 電子回路の技術者 他

TOP