グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



一般入試・センター利用入試のポイント


ホーム >  入試情報 >  学部入試 >  一般入試・センター利用入試 >  一般入試・センター利用入試のポイント

1.他大学と併願しやすい!

すべての試験日が全学部・全学科入試+試験日自由選択方式だから他大学とのスケジュールを合わせながら受験することが可能です!


2.受験料を大幅に節約できる!

何学科併願しても、同じ試験日(大学入試センター利用入試〔前期〕は同じタイプ)なら学科の併願受験料は無料です!


3.得意分野が有利に働く合否判定!(A日程入学試験)

A日程入学試験では、自動的に得点を3つのパターンで計算し、最も高い合計得点で合否を判定を行います!


4.全国15のサテライト試験場で受験できる(A日程・B日程入学試験)

千葉工業大学まで来なくても、地元で受験したいという方のために、全国15都市(札幌、仙台、郡山、水戸、宇都宮、高崎、大宮、横浜、新潟、富山、長野、静岡、名古屋、福岡、東京スカイツリータウンキャンパス)にサテライト試験場を設け、試験を実施します!

サテライト会場


5.センター試験を受験する方にもおすすめ!

受験しやすい!《ポイント1》

千葉工業大学の入試問題は、大学入試センター試験の出題範囲や難易度とほぼ一緒。
センター試験対策をそのまま活かすことができます。

受験しやすい!《ポイント2》

千葉工業大学の大学入試センター利用入学試験(前期)は、自動的に高得点を合否判定に採用します
たとえば、理科2科目受験の場合、事前にどちらを選ぶかで悩む必要なし!

※「数学」「理科」は各教科の受験科目のうち、高得点科目を採用します。


TOP