グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教職員の規範について


ホーム >  健全な運営のための取り組み >  教職員の規範について

本学では、教職員ひとり一人が規範意識を持ち、高等教育機関として相応しい社会的使命を果たすための行動規範を定めています。また、公的機関として、大学の運営をより透明化し、活発な社会貢献活動が進められるよう利益相反ポリシーを定めています。

学校法人千葉工業大学 行動規範

私たちは、「世界文化に技術で貢献する」という千葉工業大学の建学の精神のもと、「豊かな教養を備え人類福祉のため進んで協力する意欲と識見をもつ人材を養成する」という大学の目的実現のため、各人がそれぞれの役割を充分に認識し、次に掲げる規範に基づき行動いたします。

1. 法令遵守

私たちは、あらゆる法令を遵守することは無論のこと、社会的規範・道徳に対しても高い意識をもち行動します。

2. 人権尊重

私たちは、学生及び教職員の人権を尊重し、教職員個々の能力が充分に発揮できる働きやすい職場環境を確保するとともに、学生の良好な学習環境の整備に努めます。

3. 公平・公正

私たちは、次代を担う人材を育成している教育・研究機関に勤務する者として、常に公平・公正を心がけます。

4. 教育方法の改善

私たちは、学生が十分な学習効果を得られるよう、教授法の開発・学習支援等において常に研鑽をつみ、改善に努めます。

5. 情報の保全

私たちは、学生及び教職員等の個人情報、知的財産権など、教育研究機関として保全すべき重要な秘密情報の管理を徹底し、適正な取扱いを実行します。

6. 環境対策

私たちは、環境問題を大学が社会的責任を果たしていく上での重要な課題のひとつとして認識し、自主的・積極的に課題解決に取り組みます。

7. 社会貢献

私たちは、常に地域社会への貢献や連携を考え、開かれた大学作りを行っていきます。
以上

千葉工業大学利益相反管理について

1. 千葉工業大学利益相反ポリシー

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

TOP