グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



公的研究費の管理・監査体制


ホーム >  健全な運営のための取り組み >  公的研究費の取り扱い >  公的研究費の管理・監査体制

責任体制と職務権限

最高管理責任者 理事長

機関全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う。

統括管理責任者 学長

最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。

機関管理

本学の公的研究費の管理や諸手続きは、すべて大学が行うこととしています。大学による管理を行う理由は、つぎのとおりです。
  1. 研究者の負担の軽減に寄与し、研究者は研究に専念することができます。
  2. 意図せぬルール違反を防止し、研究者による「うっかりミス」を防止することができます。

担当事務

研究支援部 産官学融合課 公的研究費の執行管理および事務処理を行い、研究者からの相談窓口を置く。
(平成22年4月に研究支援部を設置。産官学融合課が学務部から研究支援部の所属となる)
財務部 会計課 公的研究費の経理に関する業務を行う。
監査室 公的研究費の監査を行い、公的研究費に関する通報窓口を置く。

本学の管理・監査等の体制

TOP